平成19年「いつくしむ、昭和。~昭和の日記念式典~」

本年4月29日、改正祝日法施行後はじめての「昭和の日」を迎えました。本会では「昭和の日をお祝いする実行委員会」に参加して、29日当日、昭和天皇が鎮まります武蔵野御陵ちかくの「都立陵南公園」にて、「いつくしむ、昭和。~昭和の日記念式典~」を開催いたしました。当日は、入場者数約2万名。快晴にめぐまれ、盛会のうちにはじめての「昭和の日」をお祝いすることができました。
当日の様子は、読売・産経・朝日・毎日各紙およびスポーツ紙などでも報道されました。以下、当日の式次第と写真にてご報告にかえさせていただきます。

第1部 記念式典
開会
御陵遥拝
国民儀礼(国歌・北島三郎独唱、一同斉唱)
主催者挨拶(実行委員会副会長・島村宜伸衆議院議員)
制定経過報告(昭和の日ネット・相澤宏明副理事長)
来賓挨拶(安倍総理祝辞代読・萩生田光一衆議院議員、
石原都知事祝辞代読・高井英樹都知事政務担当特別秘書、
八王子市代表・樫野彰男商工会議所会頭、
民間代表・鈴木英夫前昭和の日推進ネット会長)
来賓紹介
昭和の日宣言
聖寿万歳(森田次夫前参議院議員・前昭和の日推進議員連盟事務局長)
挨拶(赤池誠章衆議院議員)
第2部 記念イベント
「昭和のヒーロー」思い出エピソード作品表彰式ほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です