平成26年「昭和の日をお祝いする集い」

4月29日、降雨という予報を翻し、過ごしやすい天候に恵まれた明治神宮会館で、およそ500名の皆様とともに8回目の「昭和の日」をお祝いすることができました。

「昭和の日宣言」を朗読する山本あずさ実行委員
挨拶する中尾哲雄・弊ネットワーク理事長

平成26年「昭和の日をお祝いする集い」は、佐波優子実行委員の司会により、第一部を奉祝式典とし国歌斉唱、次いで「昭和の日」宣言を山本あずさ実行委員が朗読。続けて主催者代表として中尾哲雄理事長が挨拶に立ちました。

 

竹下亘衆議院議員
田沼隆志衆議院議員

来賓挨拶として自民党組織運動本部長の竹下亘衆議院議員が登壇。さらに、日本維新の会の田沼隆志衆議院議員が昨今の祝日法論議に触れながら祝日正常化について抱負を語って頂いた後、桜井宏衆議院議員からも壇上にてご挨拶頂きました。また、西村眞悟衆議院議員、高市早苗自由民主党政務調査会長、山谷えり子自民党参議院政策審議会長、稲田朋美国務大臣・衆議院議員、佐藤正久参議院議員、宇都隆史参議院議員、金子洋一参議院議員からの祝電を前板橋区議会議員の高沢一基実行委員が代読させて頂きました。その他、松本純衆議院厚生労働委員長・衆議院議員(代理)、秋元司衆議院議員(代理)、田畑裕明衆議院議員(代理)、日本の建国を祝う会顧問の小田村四郎様、日本の建国を祝う会会長の大原康男様にお越し頂きました。

高鳥修一衆議院議員

その後、山形県民歌「最上川」として親しまれる昭和天皇御製

広き野をながれゆけども最上川うみに入るまでにごらざりけり

をピアノ伴奏とともに、高鳥修一厚生労働大臣政務官・衆議院議員が奉唱。会場は堂々とよどみない声に圧倒されるとともに、昭和天皇の広くそして深い御心を拝することが出来ました。

その後、武田正徳理事の先導による万歳の声が明治神宮会館に轟き渡りました。

第一部の奉祝式典を締めくくるにあたり、高池勝彦副理事長からは「喜びも悲しみも民と共にして年はすぎゆき今はななそじ」「ななそじを迎えたりけるこのあさも祈るはただに国のたいらぎ」という、ひたすら国の隆昌と、世界の共存共栄をめざす昭和天皇の御製二首が諳んじられ、改めて昭和天皇の御治世をお偲びし、奉祝式典の幕を閉じました。

呼出しの陽平さんによる「やぐら太鼓」演奏

第二部では、記念講演に先立ち、呼出し陽平さんによるやぐら太鼓の披露があり、本番さながら迫真のばちさばきに大盛り上がり。

舞の海さん

こののち大相撲解説者の舞の海秀平氏による「昭和天皇と大相撲」と題する講演を頂きました。講演では、文化・芸能・神事として相撲を捉え直すとともに、宮中での天覧相撲など皇室と大相撲の歴史的な繋がりをわかりやすく説明されながら、身振り手振りを大きく用いてかつての横綱・曙関との大一番での一幕を語られるなど飽きさせる暇を与えない講演でした。

拓殖大学吹奏楽部

 

第三部の拓殖大学吹奏楽部による記念演奏では、『東京オリンピックマーチ』『美空ひばりメドレー』といった馴染み深い曲目から『陸軍分列行進曲』や『海ゆかば』などといった戦時歌謡まで多種多様な昭和のメロディーを奏でて頂きました。二度のアンコールに応えて頂き、平成生まれの学生たちによる雄々しい演奏に会場は大きな歓声と拍手で盛り上がり、閉会と成りました。

御参加ご協力頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

「平成26年「昭和の日をお祝いする集い」」への4件のフィードバック

  1. これに対して、弊ネットワークは発行元に釈明を求める以下の書面を送付しました。

    〒101-0051
     東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
                    株式会社金曜日
                    代表取締役 北村 肇 殿
    〒101-0051
     東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
               株式会社金曜日
               週刊金曜日編集長 平井 康嗣 殿
    〒101-0051
     東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
                   株式会社金曜日気付
                        永野 厚夫 殿

    〒102-0093
     東京都千代田区平河町二丁目16番5号 クレール平河町302号
                         高池法律事務所気付
                特定非営利法人 昭和の日ネットワーク
                         理事長 中尾 哲雄

              平成26年6月12日

                通知書

    私ども特定非営利活動法人昭和の日ネットワークが4月29日に開催した「昭和の日をお祝いする集い」に関する「週刊金曜日」(貴誌)の報道、具体的には、(1)貴誌(平成26年5月9日号)「金曜アンテナ」欄「昭和天皇万歳集会で ― 舞の海氏が排外発言」、(2)貴誌ウェブサイト「おしらせブログ」欄に掲載された「舞の海氏『排外発言』記事について 見解」(平成26年6月6日)の内容に対し、以下の通り疑義があります。

    1.(1)において「改憲を唱える政治団体」とありますが、弊ネットワークは特定非営利活動促進法に依拠して活動しているNPO法人であり、政治資金規正法において定められた「政治団体」ではありません。また、弊ネットワークの定款には「改憲」云々という文言はありません。にもかかわらず、以上のように記す根拠を御回答下さい。

    2.(1)において「集い」の参加者を「全参加者約二百五十人」とありますが、弊ネットワークが保管している名簿によると参加者は490名です。「集い」に御参加頂くに際しては受付での記帳を御願いしておりますから、これは実数に近いと思われます。つきましては、250名と算出した根拠を御回答下さい。当該名簿には記事を執筆した永野氏の名はありません。録音していたと?にはありますが、本当に参加していたのか証拠を御提示下さい。

    3.(1)において「『海ゆかば』は、筆者を除く全員が起立斉唱していた」とありますが、会場の構造からして最後部に立たぬ限り客席から全体を見通すことはできません。着席していたはずの永野氏に「全員が起立斉唱していた」様子が見えたという記述が不思議でなりません。どの位置から御覧になったのか御回答下さい。

    4.(2)において弊ネットワークの役員として石原慎太郎氏や櫻井よしこ氏の名をあげていますが、両氏は弊ネットワークの役員ではありません。如何なる資料に基づく記述であるのか御回答下さい。

    5.(2)において「日清戦争、日露戦争、太平洋戦争などで、多くの日本人や外国人が昭和天皇のために亡くなりました」とありますが、昭和天皇は明治34年4月29日のお生まれで、日露戦争開戦時は3歳、日清戦争開戦時は御誕生にもなっていません。如何なる理由で「昭和天皇のために亡くなりました」と云えるのか御回答下さい。

    6.(2)において「『昭和の日をお祝いする集い』の『昭和』は『戦後の昭和』ではなく外国に一歩も譲らない軍国主義時代の戦前の『昭和日本』を想う復古的な集会です」とありますが、弊ネットワークの目的は「全ての人々を対象として、祝日法に規定された『昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』という国民の祝日『昭和の日』の理解促進のために、奉祝式典の開催等の記念事業の推進や国民への広報周知活動を実施し、昭和の歴史や文化を通しての社会教育推進や学術・文化の振興等に寄与する」(定款第3条)ことであり、戦前・戦中・戦後を通じた昭和時代全体を回顧するために「集い」を続けてきました。いったい何を以て、「軍国主義時代の戦前の『昭和日本』を想う復古的な集会」と断定したのか、その根拠を御回答下さい。

    以上の疑義について、本通知書受取日から二週間以内に回答するよう求めます。

    期日までに誠意ある回答がなされぬ場合、提訴を含めた厳正な対応を検討していることを付言致します。

  2. これに対し、発行元から以下の釈明書が届きました。

    102‐0093
    東京都千代田区平河町2‐16‐5クレール平河町302号
    高池法律事務所気付
    特定非営利法人昭和の日ネットワーク
    理事長 中尾哲雄 殿
    101‐0051
    東京都千代田区神田神保町2- 23アセンド神保町3階
    株式会社金曜日
    代表取締役 北村肇
    2014年6月25日
    回 答 書

    6月13日に、北村肇、平井康嗣、永野厚男が受け取った「通知書」について、北村が代 表して回答します。
    また、貴殿の「通知書」の宛名には「永野厚夫」と記名されていましたが、「永野厚男」 と間違ったのだと考え、以下、回答する次第です。

    1 「特定非営利法人昭和のネットワーク」を「改憲を唱える政治団体」と記述した根拠に ついて

    貴殿らが主催した2011年(平成23)4月29日の「昭和の日をお祝いする集い」の講演「昭和史に学ぶ」で、講演者の櫻井よしこ氏は、5回にわたり、日本国憲法の根幹である「戦力 の不保持」「国民主権(主権在民)」を対象に、改憲を主張、もしくは改憲を促す発言を繰り 返しました。
    また、貴殿らが毎年4月29日に主催している「昭和の日をお祝いする集い」は、全員起立し、“聖寿万歳”と称し「天皇陛下万歳」を大合唱しています。「天皇陛下万歳」は、天皇 を大日本帝国憲法下のごとく元首と見なす行為でもあり、国民主権(主権在民)を大原則とし、国民主権の下での象徴天皇を規定している日本国憲法の精神に相反する行為です 。
    万歳の合唱を拒否する政治家や行政幹部もいることは貴殿もご存じでしょう。たとえば2013年4月28日に日本政府主催“主権回復の日記念式典”では、内閣官房長官・菅義偉 氏が閉会の辞を述べ、天皇・皇后が退席する際、会場前方の出席者(誰が声を発したのかは 未詳)が突然予定にない「天皇陛下万歳」の声を上げ、安倍晋三首相ら壇上の出席者も2回目の「万歳」から合わせて、万歳三唱を行なってしまう事案がありました。与党・公明党の 山口那津男代表は「天皇陛下万歳」に対し、「憲法に国民主権がはっきりと規定される中で日本の独立が認められた。その意義を十分に踏まえた行動だったかが問われる」と、2013年5月3日の『MSN産経ニュ一ス』でも指摘しています。また沖縄県の商良倉吉副知事は、 唱和を拒否しました 。
    更に、貴団体の副理事長である高池勝彦氏は、2013年4月26日 の『MSN産経ニュー ス』で、「日本国憲法の部分的な改正では追いつかない」とし、全面改定といえる『産経新 聞』の改憲要綱を評価する主張をしています 。
    このような状況において「改憲」をメイン講演者らが公に唱えること自体、政治的な行為 であると考られえます。永野厚男氏はこのような事実を踏まえ、「改憲を志向するなど政治上の主張をする団体」だと考え、上記のような表現になりました。政治資金規正法上の「政 治団体」であると記述したわけではありません。貴殿らを改憲を容認する団体、改憲派が集 まる政治上の主張をする団体と見るのは妥当でありましょう。

    2 「全参加者約250人とした」記述について

    筆者(永野氏)や筆者の知人が当初数えた限りでは約250人でした。「昭和の日をお祝い する集い」は“式典”“記念講演”“記念演奏会”の3部構成で、その間に休憩があり、休憩 時に「帰る人」「後から来る人」は少なからずおり、また、長くロビ一等にいる人もいまし た。「名簿によると490名」とありますが、会場内の人数は3部構成のうちの場面場面でか なり増減はありました。但し、名簿に基づき貴殿らが主催者として当日の全参加者が「490人」と主張されるならば、その点は訂正いたします 。

    3 2014年(平 成26)4月29日の「昭和の日をお祝いする集い」で「『海ゆかば』を永野 氏を除く全員が起立斉唱していた」ことの根拠について

    筆者(永野氏)の取材位置は取材源に関わるので申し上げられませんが、会場後方で起立 していた筆者の知人が(あくまで目視できる範囲ではありますが)「全員が起立斉唱していた」 と視認しています。また、当日の動画はインターネットで見られますが、『海ゆかば』斉唱 時は、会場内全員起立の状況が映っています。

    4 ネットワーク役員の件について

    昭和の日ネットワークのホームページに「昭和の日ネット」の役員のように掲載されて いるため役員と元役員を誤認した。この点は訂正いたします。 
    但し、櫻井よし子氏、石原慎太郎氏とも、昭和の日ネットワークに変身後も深い関わりを しており、文章の趣旨は変わりません。
    推進ネット解消後、石原氏は貴殿らが中心となって組織された「昭和の日をお祝いする 実行委員会」の会長に就任し、また、櫻井氏も上記のように2011年に貴殿らに招かれ記念 講演をしています 。
    貴殿らも誤解を招くように前身である旧「昭和の日推進ネットワーク」の役員をホームペ ージに表示することに今後注意していただければ幸いです。

    5 「昭和天皇」の表記について

    周知の事実を誤記した。小誌6月13日号で訂正しました。

    6 「軍国主義時代の戦前の『昭和日本』を想う復古的な集会」とした根拠について

    「国民の祝日に関する法律」第二条は「昭和の日」について「激動の日々を経て、復興を 遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」と祝日にした趣旨を定めています。貴 殿らの定款にも「昭和天皇」「戦前」という文言はありません。
    「昭和の日」制定経緯に関して、ネット上にも公開されている〈参議院会議第147回国 会文教・科学委員会第15号平成十二年五月九日〉の議事録を見ると、参考人からはさまざまな見解が提示されています。
    参考人として出席した貴殿らネットワークの前身である「昭和の日」推進国民ネットワ ークの鈴木英夫会長(当時)は、〈日本の永久の平和と繁栄を望むために何をするか。それは、 平和の礎となった昭和を教訓として、それをくみ取っていくということが一番大事なこと ではないかということでございます〉等と「昭和の日」を制定する意味について「平和」を 強調されていました。
    ならばこの「教訓」とは大日本帝国下における戦争の惨禍でありましょう。しかしたとえば貴殿ら集会で演奏されている「海ゆかば」は大日本帝国政府が戦前、戦闘意欲高揚のためにつくった軍歌です。「鎮魂歌」とも称されますが、天皇ために死ぬことを肯定するこの軍歌の演奏が「平和」と「繁栄」の望み方なのでしょうか。鈴木会長のおっしゃった「教訓」とはなにかと貴殿はお考えでしょうか 。
    一方、参考人の岩井忠熊立命館大学名誉教授は元特攻隊員でもありますが、「昭和の日」 制定については批判的な見解を歴史学者として述べています。〈昭和は、1868年に、明治元 年に始まる一世一元制による単なる年号で、一つの時代を示す言葉ではありません〉
    〈昭和戦前期とは、つまり軍人が政治にもっとも大きな支配力を持った軍国主義の時代 でした。総理が国会で指名される今日と大きな違いです。今、国会は国権の最高機関です。 戦前昭和期とその後の日本をひっくるめて昭和で一括するのは、国会みずからが自分の権威を引き下げる行為にほかなりません〉
    〈昭和期は激動の時代だったという言い方は正しくありません。激動というのは、大体 が変わりのないまま、ただ激しく揺れ動いたという意味です。 実際は、日本という国家・国民にとってその時代は、天皇主権の大日本帝国から国民主権の日本国憲法への劇的な変 化、激変の時代だったのです。敗戦直後の政治史家は、悠久2600年と言ってきた日本の歴 史も幕を閉じたと断言しています。このような激変を挟んだ時期を、年号が同じだからと 言って一つにくくって祝日をつくるのは、国民の歴史認識を誤らせ、後世に災いをもたら すことになるでしょう〉
    〈我々の民間におきましても、死んだ家族の誕生日を死後に祝うというようなことは全 くないんです。これは日本民族の伝統にないことなんですね。こんなことをわざわざやっ たのは昭和の初年、つまり日本の軍国主義というものが新しい勢いを得てくるその時期に 行われてきたということが、私にとっては大変関心の深いことなのであります。だから、そ んなことを今さら考えるべきではない〉
    そもそも戦前・戦中・前後の「昭和」をひとくくりにして祝うこと自体が、天皇主権・軍 国主義の時代を含めて祝う危険性があることを岩井参考人は指摘しています。
    このように制定過程でも「昭和の日」に対する見解はさまざまでしたし、貴殿らと私ども の見解も大きく異なるものだと思います。現在の貴殿らの集会における、講演での改憲の 主張、戦前の「天皇主権」を思わせる天皇陛下「聖寿万歳」の合唱、軍歌の演奏など、その 集会活動は「復興を遂げた」戦後新憲法下の国民が主役である「昭和」を顧みるという以上 に、戦前からの「昭和天皇」を賛美する、「軍国主義時代の戦前の『昭和日本』を想う復古 的な集会」をしていると考えざるを得ません。
    戦後の平和主義を掲げる日本国憲法を尊重擁護するのか、国民主権(主権在民)や自由、象 徴天皇制をいかに考えているのか、「昭和」という元号で時代をひとくくりにする歴史認識をいかに考えるのかなどについて、むしろ「特定非営利法人昭和の日ネットワーク」の中尾 哲雄代表のご見解を伺いたく存じます。
    以 上

  3. これに対して、弊ネットワークは改めて書面を送りました。

    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町3階
    株式会社金曜日
     代表取締役  北村 肇 殿

    〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目16番5号 クレール平河町302号
    高池法律事務所気付
    特定非営利活動法人 昭和の日ネットワーク
    理事長  中尾 哲雄

    平成26年7月8日
    通知書

    拜復 貴殿の、平成26年6月25日付「回答書」を拝見しました。

    最初に、永野厚男殿のお名前を、変換ミスで「永野厚夫」と表記したことをお詫びし
    ます。

    「回答書」の最終段落で「戦後の平和主義を掲げる日本国憲法を尊重擁護するのか、国民主権(主権在民)や自由、象徴天皇制をいかに考えているのか、『昭和』という元号で時代をひとくくりにする歴史認識をいかに考えるのかなど」について弊ネットワークの見解を問われていますが、定款に「祝日法に規定された『昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』という国民の祝日の理解促進」(第三条)とある通り、弊ネットワークは祝日法に基づいて「昭和の時代」を顧みる活動を行っているだけであり、それ以外のことについては回答致しかねます。

    なお、「回答書」中の記述に関し、以下の3点につき誠実な対応を求めます。

    1.参加人数と弊ネットワーク役員について

    「回答書」の中で、① 4月29日に開催した「昭和の日をお祝いする集い」の参加者が490名であること、② 弊ネットワークの役員を誤認したこと、については訂正すると記していますが誌面上に訂正記事は掲載されていません。

    貴誌も社会の公器である以上、記事に関する訂正は記事によってなすべきと存じます。現に『しんぶん赤旗』は「昭和の日をお祝いする集い」における舞の海修平氏の発言について「事実誤認があり、不適切な内容でした。全文を削除し、関係者にお詫びします」(5月30日)との削除・謝罪記事を掲載しています。貴誌におかれても、過ちを認められた以上は速やかに訂正・謝罪の記事を掲載するよう強く求めます。

    2.昭和天皇に関する訂正記事について

    「回答書」の中で「小誌6月13日号で訂正しました」とありますが、弊ネットワークに関する記事であり、その記事に対して修正を申し入れているのですから、当該記事のコピーくらいは当方にお送りいただいて当然であると思われますが、未だに届かないことは極めて遺憾です。

    その上、当該記事には「『日清戦争、日露戦争に続く太平洋戦争で、多くの日本人や外国人が昭和天皇のために亡くなりました』に訂正し、お詫び致します」とありますが、誰に対する「お詫び」なのか判然としません。相手を明記した再度の訂正・謝罪記事を掲載すると共に、前項に関する記事と共に当方まで送付するよう求めます。

    3.永野厚男殿の取材手法について

    弊ネットワークの活動は「全ての人々を対象」(定款第三条)とするものであり、「昭和の日をお祝いする集い」に際しても雑誌『正論』、『神社新報』、「日本文化チャンネル桜」、『宗教新聞』などメディアの取材を受け入れてきました。

    「回答書」によれば、永野氏および氏名不詳の同行者が「集い」に参加したようですが、先の「通知書」にも記した通り、永野氏の氏名は当該集会の参加者名簿には掲載されておりません。また、当方より参加した証拠を提示するよう求めたにもかかわらず、御回答がありませんでした。

    「集い」の参加費は無料でしたが、会場に入るに際しては参加者名簿に氏名および連絡先の記入をお願いし、記入された方にはプログラムをお渡ししております。プログラムを提示できないということは、実際には参加されなかったか、参加したとしても名簿に記入されなかったかということになります。

    つまり、主催者に断りなく会場に進入してスパイめいた取材活動を行ったか、インターネット上に公開された「集い」の動画を見ただけで実際に参加したかのような虚偽の記事を書いたかのどちらかです。こうした手法の是非について貴殿または編集長の平井氏の御見解をお聞かせ下さい。

    以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です