平成24年「昭和の日をお祝いする集い」

会場の様子

平成24年4月29日の「昭和の日」、明治神宮会館に於いて「昭和の日をお祝いする集い」を開催した。奉祝式典では、高澤一基・前板橋区議会議員の司会の下、陸上自衛隊第一音楽隊による演奏で国歌斉唱を行った後、平成19年の制定後初めての「昭和の日」の際に採択された「昭和の日宣言」を伊藤佑香・実行委員が改めて朗読、主催者を代表して鈴木英夫・昭和の日ネットワーク会長が挨拶を述べた。来賓挨拶として小田村四郎・日本の建国を祝う会顧問、また政党代表として自由民主党社会教育宗教関係団体委員長の井上信治衆議院議員が登壇。祝辞とともに「昭和の日」の意義をそれぞれの立場から語られた。登壇者、各党国会議員など各界からの祝電を多数紹介された。式典の終わりを飾る聖寿萬歳では、武田正徳・昭和の日ネットワーク理事による先導、会場に轟き渡る万歳の声によって奉祝式典は締めくくられた。

熱弁をふるう中條氏

続く記念講演は、アサヒビール株式会社名誉顧問の中條高徳氏が「昭和への私の思い」との演題で披露された。中條氏は陸軍士官学校の60期生であり、ベストセラーとなった『孫からの質問状—おじいちゃん戦争のこと教えて』(致知出版社刊)の著者でもある。今年、平成24年は平成元年生まれが大学を卒業し、明日の社会を担っていこうとする年でもあり、後世に伝えるべき「昭和」が垣間見える文字通り記念すべき講演となった。

 

受付の様子

最後に陸上自衛隊第一音楽隊による記念演奏会が開かれ、ヒットメドレーから『出征兵士を送る歌』や『軍艦マーチ』などといった戦時歌謡まで激動の時代・昭和を奏でた。戦時歌謡では隊員による歌唱もあり、会場は大きく盛り上がった。昨年は東日本大震災により自衛隊による演奏は中止となったが、今年は「演奏会目当てだ」という20代の青年も会場内で見受けられ、大変感激していたのが印象的だった。

「昭和の日」実現から5年が経った。しかしながら、奉祝運動は色褪せることなく、明治神宮会館に集った800名以上の参加者が昭和天皇をお偲びするとともに、激動と復興を象徴する昭和の御代に思いを致し、同じく「民族の悲境」という国難に立たされた現在の日本人に復興への決意を改めて強くさせる集会となり、盛況に終わった。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

平成23年「昭和の日の集い」

本年の行事は、東日本大震災の直後でもあり中止すべきか議論しましたが、「奉祝」の文字をとり開催する運びとなりました。4月29日当日、被災により急遽会場を「ベルサール九段」に変更しましたが、約600名の方々がお集まり下さり盛会でした。

まずは、震災被害者への黙祷に続き、天皇陛下の震災を受けてのお言葉をビデオ上映。そして、毎年恒例の式典の後、櫻井よしこ女史が「昭和史に学ぶ」と題して記念講演を行いました。

平成22年「昭和の日をお祝いする集い」

下記の次第で開催した22年の集いは九段会館大ホールで開催され、約700名のご参加を得て盛会裡に催すことができました。

記念式典では、今回初めて、ソプラノ歌手の倉林晶子さんによる「日本のあさあけ」の独唱が行われました。この歌は、作詞・斎藤茂吉、作曲・信時潔により昭和28年に作成された幻の名曲です。

また記念講演は、津川雅彦さんに「昭和に生まれ昭和で青春を謳歌した私」と題して、お心のこもった、そして今の日本に対する痛烈なお言葉の数々を頂きました。

そして、記念演奏では、拓殖大学吹奏学部にる「愛国行進曲・東京ラプソディー・メドレー(北の宿から・北酒場・ルビーの指環・勝手にしやがれ)・いい日旅立ち・海ゆかば」が演奏され、陸上自衛隊第一後方支援連隊も特別ゲストとしてラッパを吹奏して下さり、大いに盛り上がりました!

平成21年「昭和の日をお祝いする集い」

午後3時開場(ビデオ上映) 午後4時奉祝式典(国歌斉唱・御製奉唱・聖寿万歳など) 午後4時30分記念講演会 午後6時30分閉会

場所:ベルサール九段イベントホール(地下鉄九段下駅下車・電話03-3346-1396)

当日の参加者は約400名でした。

記念講演会:「『海ゆかば』の昭和」新保祐司先生(文芸評論家・都留文科大学教授)、「昭和史を考える」渡部昇一先生(上智大学名誉教授)

平成20年「昭和の日をお祝いする集い」

去る4月29日「昭和の日」。当会が中心となり「昭和の日をお祝いする実行委員会」を組織して「『昭和の日』を祝う集い」を九段下のベルサール九段イベントホールにて開催いたしました。靖国神社の近くでもある九段で開催できたことは、意義あることと思います。当日の参会者は約500名。会場がほぼ満席で盛会裡に開催することができました。

 

式次第(於:ベルサール九段イベントホール)

午後3時:開場 ビデオ上映「昭和天皇全国ご巡幸(大和路他)」

鈴木英夫・弊ネットワーク実行委員会会長による挨拶
小田村四郎氏の来賓挨拶
井上師範(左)と中埜師範(右)

 

 

 

 

 

聖寿万歳

■午後4時:「昭和の日」奉祝式典 国歌斉唱・「昭和の日」宣言朗読・主催者挨拶〔鈴木英夫実行委員会会長〕・来賓挨拶〔小田村四郎日本の建国を祝う会会長・昭和天皇ご訪米時日本航空チーフパーサー勢正彦氏〕、御製奉唱「山山の色はあらたにみゆれどもわがまつりごといかにかあるらむ(昭和3年歌御会始)」(日本詩吟学院岳風会・井上精岳師範と琴古流・中埜和童師範)・聖寿万歳(河本學嗣郎実行委員)

 

桶谷氏
佐藤氏
遠藤氏

 

 

 

 

■午後4時50分:シンポジウム「昭和への思いー後世に伝える昭和の心」 講師、桶谷秀昭氏(文芸評論家)・佐藤優氏(作家、起訴休職中外務事務官)・コーディネーター、遠藤浩一氏(拓殖大学日本文化研究所教授)

■午後6時30分:閉会挨拶 相澤宏明氏(NPO法人「昭和の日」ネットワーク副理事長)

平成19年「いつくしむ、昭和。~昭和の日記念式典~」

本年4月29日、改正祝日法施行後はじめての「昭和の日」を迎えました。本会では「昭和の日をお祝いする実行委員会」に参加して、29日当日、昭和天皇が鎮まります武蔵野御陵ちかくの「都立陵南公園」にて、「いつくしむ、昭和。~昭和の日記念式典~」を開催いたしました。当日は、入場者数約2万名。快晴にめぐまれ、盛会のうちにはじめての「昭和の日」をお祝いすることができました。
当日の様子は、読売・産経・朝日・毎日各紙およびスポーツ紙などでも報道されました。以下、当日の式次第と写真にてご報告にかえさせていただきます。

第1部 記念式典
開会
御陵遥拝
国民儀礼(国歌・北島三郎独唱、一同斉唱)
主催者挨拶(実行委員会副会長・島村宜伸衆議院議員)
制定経過報告(昭和の日ネット・相澤宏明副理事長)
来賓挨拶(安倍総理祝辞代読・萩生田光一衆議院議員、
石原都知事祝辞代読・高井英樹都知事政務担当特別秘書、
八王子市代表・樫野彰男商工会議所会頭、
民間代表・鈴木英夫前昭和の日推進ネット会長)
来賓紹介
昭和の日宣言
聖寿万歳(森田次夫前参議院議員・前昭和の日推進議員連盟事務局長)
挨拶(赤池誠章衆議院議員)
第2部 記念イベント
「昭和のヒーロー」思い出エピソード作品表彰式ほか